スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水頭症

これはある方がりんちゃん(姪)の誕生祝いに描いてくださった絵です。

りんちゃんは3月の半ば頃に生まれましたが、その頃はちょうどルルの体調が最悪だった頃でした。

ルルに元気になって長生きして欲しいという気持ちも込めて、りんちゃんが大きくなってルルと一緒に遊べるようになった頃を描いてくださいました。

ルルは実物通りとってもかわいいですが、ゴリリンこと、ゴリラそっくりなりんちゃんまでとってもかわいく描いてくださっています(笑)。

ママ、ありがとう😄!!

ヤスピー、お誕生日おめでとうね🎂。

たっちゃん、パパ、ママと楽しい思い出と伝説をいっぱい報告してね😄。

右のリンクから、ママの“BUHI FACTORY”に飛べますよ😄。

20150526235205f1b.jpg



ルルですが、脳腫瘍摘出手術を終えて約1ヶ月が過ぎました。

部屋をちょっと改造し、ー私がトイレの場所を変えてしまったせいもあるのかもしれませんが、トイレトレーではなく、したい場所がトイレになってしまっています😅。

まあ、良いんですけどね😅。


傷口がかゆいようで敷布に顔を擦り付けており、赤くなってしまいました。

傷口は開いてしまうことはないと思いますが、手術では頭蓋骨を開いているし、頭に金属のプレートが入っているので、頭や患部を刺激することは止めて欲しいものです。


今日は岐阜大学でMRIを撮って頂きました。

ここのところ、食欲にムラがあることや、散歩中に寝てしまうことなどもお話ししてきました。

退院時よりも足の神経反応がちょっと悪くなっていましたが、血液検査の結果は大丈夫そうでした。

MRI検査の結果は右の脳に水が溜まっており、脳が腫れてしまっている状態でした。

水頭症です。

食欲にムラがあったり、寝ていることが多かったのはそのせいだったようです。

炎症が起こっているか、髄液が流れていくところに滞りが出来ているのではないかとのことでした。

手術でチューブを入れて、水を流すことも出来ますが、脳腫瘍摘出手術からまだ間もないので、負担になるし、服薬で様子を見て、来週また再検査をすることとなりました。

脳圧を下げるシロップは引き続き服薬し、炎症を抑えるためのステロイドと、酸性を抑えるための薬も飲むこととなりました。

まだ術後1ヶ月だということもありますが、腫瘍の方は特に大きくなっていることはなかったそうです。

う〜ん、一進一退?なのかな・・・?

のんびりゆるゆる過ごしていけたら良いんですけどね。

出来ることは何でもしてあげたいけど、あんまり負担になることは心配だしね。

また報告しますね。

今日は麻酔のせいか、寝ていることが多かったです。

2015052623522468d.jpg

20150526235221f0b.jpg

201505262352209f6.jpg



フレンチブルドッグという犬種を知り、欲しいと思うきっかけになったのは、あるプロレスラーの方のブログに出てくる、タッグちゃんというフレンチブルドッグの子でした。

東京のミッドブレスというスポーツジムにいる、片パンチのパイドの女の子です。

ルルがうちに来てからは、特にブログに出て来るのが楽しみでした。

先日、亡くなられたとのことでした。

14歳でした。

御冥福をお祈り致します。


亡くなった理由は書いてありませんでしたが、フレブルは15歳の壁を超えるのはなかなか難しいのかな・・・。
スポンサーサイト

テーマ : フレンチブルドッグ★ライフ
ジャンル : ペット

抜糸してその後の経過

ルルのことご心配ありがとうございます。

相変わらず慌ただしくバタバタしておりまして、なかなかUP出来なかったり、コメントの返信も出来ておらず申し訳ありません。

でも、皆さんの温かい応援でルルは頑張れています。


ルルのその後の経過ですが、5月12日(火)に大学病院で抜糸をしてきました。

傷はちゃんとくっ付いてきているようです。

しっかり傷が治って、毛が生えてこればあまり目立たなくなるかな?

それとも、傷の部分は毛が生えないかな?

見ていないところで顔を擦ったりするかもしれないので、留守番中はもう少しエリザベスをすることになりましたが、大丈夫そうなので最近はずっと外しています。

20150521104320c29.jpg



腫瘍の病理検査の結果は良性でグレードもそんなに悪くないとのことでした。

星状膠細胞腫と言うそうです。

元々あった脳の組織が腫瘍になったというような説明だったと思います。


手術から約1ヶ月後の5月26日(火)にまたMRIを撮って、取り切れていなかった腫瘍が大きくなってないかなどを調べ、放射線治療の計画を立てて行くそうです。

MRIを撮るということは放射線治療の前にまた数万円の出費ですが(笑)。


抜糸の際、病院に着いてから荷物を降ろしているときに勝手に車から飛び降りてしまい、顔をちょっと擦りむいてしまいました。


放射線治療は私は8回で50万という説明を受けましたが、 大阪のぶぅちゃんは15回で最後のMRIも含めて100万超えだったそうだから、私も覚悟しておかないといけないかな・・・。

その子の状態によっても変わってきますもんね。

身体にメスは入れないけど、毎回全身麻酔なので、心配もあるし、放射線治療の副作用も気になりますね。


狂犬病の注射を初めて受けたのが、5月だったので、毎年5月に病院で受けていたんですが、とりあえず今年は免除の証明書を書いてもらって、受けない方向です。

証明書を書いてもらうのに540円でした。

混合ワクチンも今年は受けれないようです。

フィラリアの薬は投与しても良いが、ノミ、ダニの薬もあまり外に行かないなら無理には付けなくても良いとのことでした。

特に何もなけば、26日(火)のMRIまでは様子見です。


14日(木)は手術後初めてホームドクターのところへ行って来ました。

いつもの角膜潰瘍の点眼薬をもらいに行って来ました。

やはり狂犬病と混合ワクチンは受けないとのことで、26日(火)の通院後、体調を見て良ければ、30日(土)からフィラリアの薬を投与することになりました。

免除という扱いだそうですが、受けれないということは今度はそれらの病気にかからないように気を付けなければいけませんね。

ちょっと前にFacebookにワクチン接種後に亡くなられた子(イングリッシュブルドッグの子)の記事がありましたが、受けて亡くなってしまうのも心配ですが、受けていなくて、それらの病気にかかることも心配だし、ワクチンと狂犬病の証明書がないと、トリミングやホテル、ランなどが利用出来ないことの方が多いし、難しい問題ですよね。


退院後は食べられるようになってきて、体重は10.2kgになっていましたが、ここ5日程食が進みませんので、それよりはちょっと落ちたのかなと思います。

ささみと一緒にあげても薬をポロポロ出してしまって、うまく薬が飲めなかったりもします。

シーザーを1パックペロッと食べたんですが、薬を出してしまったので、私が口の奥の方に無理に入れたせいか、一旦は薬も飲んで落ち着いていたのですが、少ししてから全部戻してしまいました。

ささみなどの肉系のものは食べますが、フードが進みません。

元気はあって飛び付いてきたり、掃除機を追ったりするのですが、なんでなんでしょうね?

先日、缶詰を買って来てみたら、ドライフードよりは進みましたが、様子を見て、またホームドクターに通院したいと思っています。

前は10kg台後半〜11kg台前半を行ったり来たりしていたし、12kg弱のこともあったので、もうちょっとふっくらしても良いのかな?


5月19日(火)は車の保険の手続きに行ったついでにりんちゃん(姪)に初対面しましたが、まあこんなもんかっていう感じの反応でした(笑)。

20150521104301d41.jpg



20150521104245d52.jpg



201505211043184f4.jpg



次回の大学病院の通院は5月26日(火)でMRIをとって、術後の経過を見る予定です。

テーマ : フレンチブルドッグ★ライフ
ジャンル : ペット

プライスレス

ルルのことご心配ありがとうございます。


経過は良いようで、食欲も元気もあります。

食欲が出てきてごはんを食べれるようになって、毛艶も良くなってきたようです。

絶不調の殆ど食べれない時期は皮膚の状態も悪かったようで、フケも出ていましたが、今はそれもありません。

201505111653043a5.jpg

20150511164724ac6.jpg

20150511164718c48.jpg


トイレの失敗が良くあります。

失敗と言うか、トイレではないとこでしてしまいます。

排泄の機能はちゃんとしているので、垂れ流し状態ではないのですが、そこいら中でしてしまうので、オムツを履かせていたこともありましたが、薬の関係で多飲多尿なので、赤ちゃん用のオムツでは収まり切らず、結局敷布を濡らしてしまうので、最近はおしり解放宣言です。

今日も、廊下、敷布で何度もおしっこをし、ベランダでうんこをしていました。

風が強い日で、干してあった掛け布団が数センチ横に落ちており、危ないところでした(笑)。

トイレではないところでおしっこをして、トイレで寝たりもしています(汗)。

逆にトイレの方がきれいだったりもします(笑)。

反省の色もなく(笑)、ささみを茹でていたら、もらいに来ていました。

冷めた頃に少しあげたら、何回ももらいに来ていました(笑)。


散歩は駐車場に行ってトイレをするかしないかぐらいで、自分ですぐに玄関に向かいます。

「散歩?」と言うと、自分で玄関に行きますが、すぐに帰りたがります。

窓を開けておくとベランダに出て過ごしているときもあります。

今日はベランダから回り、おもらし対策をしていない畳の部屋に勝手に入ってくつろいでいました。

2015051116472133d.jpg

20150511164723f30.jpg



退院直後の写真と比べると傷もくっ付いてきたかな。

20150511170141468.jpg



2ブロック?になってる横顔。

ちゃんと毛も伸びてくるかな。

20150511165303301.jpg



先日言っていた、医療費のことですが、脳腫瘍摘出手術&入院で約47万程でした。

聞きたいけど、聞きづらい方もいらっしゃったみたいですが(笑)。


ルルは5日間入院でしたが、術後の入院が長くなったり、入院中に何らかの不調などがあり、それの処置や投薬があるとその分も上乗せになるのかな。

最初の説明では、手術して通常は1週間くらいの入院で50万程との説明でした。


今後、放射線治療を行うことになると思いますが、それが約50万だそうです。


CT検査は4万ちょっと、MRIは6万ちょっとでした。


アニコムの保険では70%補償でも、上限は通院が1万4千円、手術が14万円なので、自己負担はかなり高額です。

使った回数によって、来年度は免責で保険料が上がります。

大学病院はアニコムの提携病院ではないので、先ずは自分で全額払って、それを申請して後で振り込んでもらうことになります。

手術の場合は先生に証明書を書いてもらわなければいけないのですが、それも有料で書面料が2千5百円必要です。


かなり高額なので、決して裕福ではないサラリーマンの私には思い切った大きな出費でしたが、お金は頑張って働けばまた稼げるけど、大事なルルには代わりはないし、無事に戻って来てくれて、手術前よりも楽になった様子を見ていると、良かったなと思います。


知り合いの方はフレブルではなく、小型犬でしたが、愛犬が癌に罹られて、治療やなんやで、結局200万程になられたそうです。


そんなにお金を出すなら、新しい犬が買えるとか、車が買える、という意見もあるようですが、今後はもう飼わないかもしれません。

ずっと元気でいてくれれば良いですが、病気になって辛そうな様子を見ているのがかわいそうだし、健康に生きてくれても自分よりは先に亡くなる可能性のが高いので、結局お別れのとき辛いので。

とか言いながら、皆さん飼われますけどね(笑)。


お金のことも含めて、いろんな意味でぶっ飛んだ日々でした(笑)。

でも、ルルがいる生活はプライスレスですよね。


さあ、明日からも頑張ろうっと。

テーマ : フレンチブルドッグ★ライフ
ジャンル : ペット

今のところ経過は良いようです。

ルルのことご心配ありがとうございます。

バタバタしており、なかなかUP出来ずにいましたが、ルルは元気にしております。


食欲も出てきて、お腹まわりが少しふっくらしてきました。

ふらつきや転倒は時々ありますが、エリザベスカラーを付けているので、頭が重くて重心が取れないせいもあるのかな?

抜糸が済むくらいまではお散歩は控えて、家でゆっくりとのことでしたが、人や犬が少ない時間帯にお外の空気を吸いにちょっとだけ外へ行っています。

強く引っ張ってどんどんと歩いて行こうとすることもあります。


ルルが術後間もなく、まだお出掛けも出来ないので、GWはお部屋を改造したり、大掃除をしたりする予定でしたが、初日から、腰をやってしまいました。

普通の湿布よりロキソニンハップの方が断然おすすめです。


お出掛けが出来ないので、せめて朝ゆっくり寝ていられるのを楽しみにしていましたが、いつもと同じくらいに起こしてくれました(笑)。

でも、手術前にはぐったりしていて、私が起きても、ごはんを食べていても、仕事に行こうとしてもずっと寝ていたので、それを思えば良いことですよね。


薬の関係で多飲多尿で、一回で人間の赤ちゃん用のおむつでは収まり切らないほどのおしっこをします。

お留守番が長いのでケージに入れるのはかわいそうなので、掃除がしやすいように部屋を改造中です。


先日駆除したばかりなのに、ベランダに昨日また新たに蜂の巣が出来ていました。

早く見付けて、小さいうちなら蜂も少ないので、凍殺するタイプでいけます。

先日駆除したので大丈夫と思って、ルルも一緒にベランダに出ていたら、大きな蜂がいて、びっくりしました。


愛犬が脳腫瘍で闘病されている方や愛犬を脳腫瘍で闘病後に亡くされた方からも応援のメッセージを頂きました。

フレブルは肥満細胞腫が多いと聞いて、肥満細胞腫には敏感になっていて、ちょっとした出来物でも病院で診てもらったりしていましたが、脳腫瘍には危機管理が少なかったです。

でも、フレブルやボステリは脳腫瘍が多いんですよね。

まさかルルに限って、という思いもあったのかもしれませんが・・・。

良いことも悪いこともルルの頑張りの軌跡だし、参考になることもあるかもしれませんので、いろいろとUPしていきたいと思っています。

12日(火)に抜糸の予定です。

そのときに今後の治療方針が決まり、放射線治療を受けることになると思いますが、週に一度、一日がかりになるみたいですね。

朝、病院に預けて、夕方に迎えに行くことになるようです。


治療費のことなど聞かれることもありますので、参考までにまたそれもUPしていきたいと思います。


余談ですが、ある占いの本に「思いがけない出費があり。」と書いてあって、当たってる・・・(笑)。

あと、「普段よりも羽振りを良くすると吉。」と書いてあって、羽振りっていう訳ではないけど、ルルが大きなリスクを乗り越えて無事に戻って来てくれて、手術前よりも元気になってくれたから大吉やね(笑)。


ルルへの温かいメッセージをありがとうございました。

Special Thanks!!

20150504210653cac.jpg



20150504210655f9b.jpg



201505042106563b7.jpg



20150504210702d49.jpg



20150504210652a05.jpg

テーマ : フレンチブルドッグ★ライフ
ジャンル : ペット

        
*プロフィール

マドモアゼルしめじ

Author:マドモアゼルしめじ
2006年6月23日生まれのフレンチブルドッグの女の子の日常です。

        
*最新記事
        
*最新コメント
        
*月別アーカイブ
        
*カテゴリ
        
*いくつになったの ver2
        
*検索フォーム
        
*RSSリンクの表示
        
*リンク
        
*ブロとも申請フォーム
        
*QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。