スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水頭症のシャント手術

ルルですが、また手術になりました。

水頭症のシャントの手術です。

脳腫瘍摘出手術の後、水頭症の診断があってから、服薬でずっと様子を見てきましたが、本日のMRI検査で改善が見られるのか?、それとも、服薬での治療はここまでなのか?、検討するとのことでした。

悪化はないけど、改善もなく、現状維持という感じでした。

4月に大手術を受けたばかりなのに、また手術という思いもありますし、でも、長期間ずっと服薬を続けていけば、今度は内臓に負担がかかってしまうからいつまでも続けるのは、という思いもあります。

シャントの手術は脳腫瘍摘出の手術よりは時間も短いし、危険も少ないそうですが、やはり確実に絶対安全とは言えないそうです。

術後、特に問題なければ、2〜3日で退院出来るそうです。

でも、ルルの場合は行った方が今後の調子が良くなることが見込まれるようです。

ボーッとしていたり、寝ている時間が多いのが改善され、しっかりとしてくるそうです。

手術をしたからと言って、それで安心ではなく、生まれつきの先天性の水頭症の子と違って、脳腫瘍などにより水頭症になった子は頭に溜まる水がサラサラではなく、ドロドロしていて、シャントのチューブが詰まってしまう可能性があること、体内に異物を入れることによる感染症の心配もあります。

そういった場合はチューブを取り出すことになるそうです。


なんでルルばっかりこんなことに・・・、と思ってしまいます。

手術をしない選択もありますが、せっかく助かった大事な命だし、まだこの先の生活でルルが過ごしていく上で調子が良い方がルルにとっても良いのではないかと思いました。

でも、本当はルルはどうしたいんかな?

私の選択は正しいのか?、間違っているのか?、どっちなんかな?と思ってしまいます。

行うなら、あまり先延ばしにせず、早めの方が良いとのことだったので、来週の水曜日(22日)に予定を入れて頂きました。

ルルに無理な負担をかけてまでは行ないませんが、可能性もあり、良い方向に向かうなら、出来る限りのことはしてあげたいと思います。


体重はまた増えており、11.5kgになっていました。

この辺りでキープが良いかな。


今のところ、腫瘍の再発や少し残っている腫瘍も大きくはなってきていないそうです。

でも、今後、再発や腫瘍が大きくなってきたときは放射線治療を行うことになります。


参考までにですが、一般の病院でシャントの手術を行うよりも大学病院で行う方が手術代は安いそうです。

シャントのチューブが高額なので、手術代も高額になってしまうそうです。

人間の子どもさんの手術の際に使用するチューブと同じものを使用するそうです。

ちなみに金額は35万円程だそうです。

アニコムのペット保険は、手術代の補償の上限は14万円なので、自費の部分も大きいですが、それでもかなり助けられています。


なんか眠れない夜が続きますな・・・。


何も知らずに寝ているルルを見ると、かわいそうになってしまいます。


BBQとか楽しい予定も立ててるところだからね。

一緒に行こうね。


寝れないけど、今日はいろいろする気にもなれないので、とりあえず、変な体勢で寝ているルルの写真を撮ってみました。

20150717173611053.jpg
スポンサーサイト

テーマ : フレンチブルドッグ★ライフ
ジャンル : ペット

        
*プロフィール

マドモアゼルしめじ

Author:マドモアゼルしめじ
2006年6月23日生まれのフレンチブルドッグの女の子の日常です。

        
*最新記事
        
*最新コメント
        
*月別アーカイブ
        
*カテゴリ
        
*いくつになったの ver2
        
*検索フォーム
        
*RSSリンクの表示
        
*リンク
        
*ブロとも申請フォーム
        
*QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。